株式会社菅与
本社 TEL 0182-24-3298
食品リサイクル工場 TEL 0182-35-5858

すがよ便り 2012.8.29


今回は、「きてたんシェ ひらかまつり」についてお伝えします。

来る9月1日(土)、横手市平鹿町浅舞で「きてたんシェ ひらかまつり」が開催されます。忙しくなる秋の収穫を前に、地域の皆さんで元気に楽しみましょう!というイベントです。

この度、菅与も地元の方々に楽しんでいただこうと、「もつ煮」を感謝価格100円で提供させていただきます。

このもつ煮は手作りで、りんごや人参、たまねぎ、生姜、レモンなどを使って旨味を出した自慢の一品。仕込みに2日かかります(汗)。もつも贅沢に使用していてとても100円で販売出来るものではありませんが、地元の皆様だけならと社長のOKをいただき実現しました。

今回は、50kg程作る予定で、子どもたちが水遊びできるほどの大きな鍋を何個か用意しました。

料理ってたくさんつくると食材のうま味がグッと増しますよね。どれだけ美味しくできるか私たちも楽しみです。
まぁ、責任重大という事でもあるのですが・・・(笑)

という事で、美味しいもつ煮を作ってお待ちしておりますのでぜひ遊びにいらしてください。会場では楽しいイベントが目白押し!地域のお店もたくさん出店します。
最後は花火も上がるみたいですよ!!楽しみですね~。

すがよ便り 2012.8.27


今回は、先日お伝えした「菅与のマミーズキッチン」の第2弾、地域の子どもたちと笑子豚を使ったカレー作りについてお伝えします!

今回、皆さんにはお野菜とお米を各自持ちよっていただいて、地域の食材と笑子豚のポーク&野菜カレーを作りました。

笑子豚は臭みが少ないのが特徴なので、食材の旨味をひきだしてくれます。豚肉のにおいがちょっと苦手、固いから苦手・・・というお子さんも柔らかくて臭みがない笑子豚を「この豚肉はおいしい!」と喜んで食べてくれました。子どもたちは感想がストレートなのでとても嬉しいです。

でも、そんな子どもたちからは「この前のチーズ(カッテージチーズ)があったらもっとおいしかったのに!」と言われました。「あっ、そうか!!」と私も納得。チーズを入れたらマイルドになって、もっとカレーを楽しめましたね。子どもたちの柔軟な発想に「参りました~」という感じでした。

お勉強タイムでも、「さてこの豚肉は何を食べて育ったでしょうか!」と質問すると「知ってる!これも食品リサイクルでしょ!」と先に言われ、柔軟で吸収力抜群の子どもたちの頭脳にも「参りました~」という感じでした。

栄養たっぷりで育った笑子豚と、栄養たっぷりの地域の野菜をモリモリ食べて、元気にすくすくと育って欲しいです。
最近の子どもたちは野菜嫌いが少ないのかな?皆さんとても良く食べてもらえて、夏バテ気味の私も元気が出ました!

菅与は出張食育も承ります。学校の授業で、子供会で、美味しく楽しく食を学んでみませんか?
ご連絡・ご相談は 0182-35-5858 菅原まで

すがよ便り 2012.8.23

今回は、菅与の「男性従業員育児休業」についてお伝えします。

秋田県では、少子化対策として、仕事と家庭の両立支援を支援する事業が進められております。結婚・出産等による退職者の再雇用や休暇・休業を取得しやすい職場づくりに取り組む企業を増やし、子育てしやすい地域づくりを目指すというものです。

当社でも今年1月、子育て支援に関する行動計画を打ち出し、さまざまなチャレンジを進めております。そのひとつが『男性従業員の育児休業』の導入です。男性従業員をターゲットに、育児休業に関する研修会を行う事になりました。

子どもを持つ親として、何ができるのか。そして、子育て応援企業として何ができるのか、皆で考え理解する事から始まります。

可愛い子我が子のために仕事をがんばるのも大切ですが、お子さんの体調が悪くなった時など、守ってあげなくてはいけない時もあります。しかし、どうしても仕事で抜け出せない時、期限付きの急ぎの仕事を担当している時などもあります。その時の正しい判断とは?意見が割れるのが今の世の中です。

男女平等、男女参画の今日この頃。パパもママも同じように働くようになりましたが、子育てとなるとまだ平等とは言えません。子育てしやすい地域社会づくりというのは、親本人の意識だけでなく、会社の協力も必要なのです。

きっかけは、男性従業員を対象に、子育てについて率直な意見を交わし合った事から。会社のためにと頑張っている従業員も、本当は「男性だって子育てしたい」、「これからは男も子育てしなければいけない」、「人として、家庭を守れない親は、親じゃない」といった熱い意見も出され、社長も「よし!」と立ち上がりました。
「稼ぐ男は、子育て上手。男も育児を!」という事で、根本的な考えのところから皆で研修を受ける事になりました。がんばれ菅与の男たち!

すがよ便り 2012.8.22



今回は、菅与のお料理教室「Mommy’s Kitchen(マミーズキッチン)」についてお伝えします。

8月17日(金)、地域の子どもたちの楽しい食育を!という事でお料理教室、題して「菅与のMommy’s Kitchen(マミーズキッチン)」を開催しました。

今回は、
(1)すがよの牛乳ができるまでの説明
(2)エコフィードで育った乳牛から搾った「笑子豚(エコミルク)」を使ったチーズ(カッテージチーズ)作り
(3)チーズの副産物、ホエー(乳酸菌)を使ってホットケーキ作り
(4)ホットケーキにチーズをのせて「い~ただき~ます!」
というプログラムで行いました。

初めてのチーズ作り…温めた牛乳にお酢を入れて牛乳が分離し始めた時、みんな目を丸くして「おおお~~~っ!」と感激!先生たちを見たら、先生たちも同じ顔で「おおお~~~っ!」と感激していました。

チーズをひと口味見すると、子どもたちは「ん~~?・・・味がしない、何これ?」というリアクション。それもそのはず、市販のチーズは味が濃く、塩気がついてたりしますが、カッテージチーズの味は牛乳の甘み。「よーく味わってみて!」と言ったら「あっ!あまい!甘いよ♪」と喜んでもらえたのでホッとしました。

エコフィードと牛乳のお勉強も含めると、実習は2時間。みんなびっちり頑張ってお腹ペコペコ。自分たちで作ったホットケーキとチーズで「いただきます!」。
みなさん、もりもり美味しそうに食べていました。

次回の食育は笑子豚をたっぷり使ったカレー作り♪美味しいカレーができるといいですね♪

すがよ便り 2012.8.20



今回は、先週土曜日に行われた、平鹿町の盆踊りの屋台出店についてお伝えします。

地元のお祭りなのですが、お店を出すのがなぜか初めて。なぜ出店していなかったのかは・・・誰もが「?」でしたが、細かい話は抜きにして「もつ煮を売りましょう」という事になりました!

夕方6時半開始なので、5時頃からスタッフで準備に取り掛かる事にしましたが、「あれ?5時なのにもうすでに人がいるね…」という状態。準備中なのに、「もつ煮下さい」と声がかかり、6時頃には4分の1ほど売れててしまいました(汗)

6時半!いよいよお囃子と盆踊りがスタート!
今回は私の住む田中町内の「田中踊り」、小さな町の小さな盆踊り大会ですが、国際大学の方が見にいらしててとても貴重なものだと仰ってました。知りませんでしたが、田中踊りは後継者がいないそうなのです。来年からは、私も踊ろうかなとおもいます!

さてさて、もつ煮の方ですが、一度お求め下さった方がもう一度。また別の人ももう一度。おかわり、おかわり、おかわりの連続。しまいには、自宅から鍋持ってきちゃいましたと言うご近所のお客さんまで…(笑)
結局、2時間半ほどで完売してしまいました。地元の方々に喜んでいただけて、本当に嬉しかったし、楽しかったです。

次回は9月1日(土)、浅舞で開催される「きてたんシェひらかまつり」で販売しますので、ぜひ遊びにいらしてください!

すがよ便り 2012.8.10



今回は、エコフィード認証制度の検定審査についてお伝えします。

昨年5月から「エコフィード利用畜産物認証制度」という制度が始まりました。これは、エコフィード認証制度により認証されたエコフィードを給与した家畜や家禽から生産した肉、乳、卵、またそれらを利用した加工食品の容器などに、「エコフィード利用畜産物認証マーク」が表示する事ができる、という制度です。(詳細はこちら

これまでに認証を受けた企業・団体は、まだ数社しかなく、弊社も数か月かけて膨大な資料を用意して参りました。
そして、やっと先日、審査員による視察日を迎えることができました。

これまで様々な企業・団体様の視察を受け入れ、説明や質疑応答を行って参りましたが、さすがに審査ともなると、今までされた事もないような鋭い質問が飛び交いました。とても難しかったです。

しかし、やるべき事はしっかりやっていたので、問題はなくむしろお褒め頂いた点もあって、ホッと胸を撫で下ろしました。色々な意味で汗の出る一日でした。

これからまだ色々な書類の提出がありますが、しっかりと認証を受けることでモチベーションも上がりますし、差別化もできると思います。

マーク付与まで、しっかりと進めていきたいと思います。

すがよ便り 2012.8.7



今回は、8月2日(木)、3日(金)開催された「アグリフードEXPO 東京 2012」についてお伝えします。

前回の記事にも書きましたが、この度アグリフードEXPOではテープカットのご指名を頂き半纏を着てステージに上りました。端の方かなと思っていたら思い切りステージ中央の方で驚きました。
永島さんの隣りでテープカットをさせていただき、感激でした。

ステージを降りブースに戻ると、飼料メーカー様、薬品メーカー様からは、「ずいぶん目立ってましたね~!」と言われ、(どういう意味でなのかなぁ…)と苦笑い。でもいつも差し入れや応援に来て下さる皆さまには心から感謝しています!今年も本当にありがとうございました。

今年はブースの場所がとても良い位置にあり、昨年の3倍近くの方々からお声をかけて頂き、有意義な商談会となりました!
名刺も200枚持っていったのですが全く足りませんでした(反省)
アグリフードEXPOの好きなところは、来場者の方も記者の方とも、和気あいあいとお話出来る事です。「1年ぶり!また来たよ!」とブースに来て下さる方もいて、「覚えててくれたんですね!」と嬉しい再開もあったりしました。「来年もここで会いましょう」と言ってお別れするのがアグリフードEXPOでの合言葉のようになっています。

充実した2日間でしたが、「最近、菅与さんの取組み、都市部では結構注目されているんですよ」というお言葉を数社の方からいただいて、嬉しいのと同時に今こそがんばらなければ!と思いました。

そんなこんなで、秋田に戻り、早速商談させていただいた方々と連絡を取り合いお話をすすめさせて頂いております。2日間お世話になった皆さま、ブースに来ていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

すがよ便り 2012.8.7



実は先日まですがよ便りでお伝えしていた「ゴルフコンペ」のお話ですが、「次回は懇親会の料理についてです!」と言っておきながら、その後にアグリフードの記事を書いてしまいました!しかも2回に渡って…。失礼しました(;^◇^;)ゝ

3度目の正直という事で、7月19日に行われた第三回虹の会ゴルフコンペの懇親会後編(お料理編)をお伝えします!
と、その前に…今回のゴルフコンペでは、いつもお世話になっているお取引先様、お客様から、たくさんの賞品をご提供頂きました。あらためましてお礼申し上げます!(凄い量でした…)

さてさて、懇親会のお料理の方ですが、今回ご参加の皆様のリクエスト「菅与の短角牛が食べてみたい!」にお応えして、短角牛コースをご用意しました。

短角牛は赤身の味(うまみ)の濃さが何よりの特徴ですので、それを存分に味わっていただけるお料理を提供させていただきました。そして、短角牛は厚切りステーキだけでなく、煮込んでも最高のお肉である事も忘れてはなりません。ご用意させていただいた「短角牛のワイン煮」は肉のうま味をそのままに、短角牛をやわらか~く煮込んだ絶品料理でした。

笑子豚ももちろん、提供させていただきました。今回はモツ煮込みの他に、笑子豚のアジアン風チャーシューが並べられました。口に入れただけでトロ~ッととろけてしまう柔らかさ!アクセントに香草がとても効いていて、夏バテ気味の私の食欲をガンガン刺激してペロリと平らげてしまいました。

ご出席頂いた皆さまから、帰り際に「本当においしかったよ!」と声をかけていただきました。
皆さまには最後まで楽しんでいただけたようで、本当によかったです!また来年もお楽しみに!


PAGE TOP