株式会社菅与
本社 TEL 0182-24-3298
食品リサイクル工場 TEL 0182-35-5858

すがよ便り 2013.9.13



今回は、鳥海高原ファームの離乳舎より、先日乳離れした仔豚のその後を紹介します。

分娩舎から離乳舎までの約300mをトラックで運ばれた仔豚は、今度は自分の足で決められた部屋へと入って行きます。

部屋へ入ると、水飲みと餌箱と寝床を覚え、最後にトイレを覚えます。
離乳舎に移ると、母豚の乳を飲むことが出来ないので、仔豚たちは粉末のミルクを食べます。
ミルクにも数種類あり、体の大きさによってミルクを変えます。

決められた量のミルクを食べ終わると、今度は乾物の飼料を食べて体を作ります。離乳舎に入って3週目あたりから、菅与の武器ともいえる「リキッドフィーディング」を食べて成長します。

こうして、仔豚はすくすくと育ち、離乳舎に移ってきた時には7㎏余りだった体重が、約2カ月で40㎏程になります。

その後、生後3カ月を過ぎると肥育舎へ移動させます。

いかがでしょうか、先日生まれたばかりと思っていた仔豚でも、あっという間に大きくなります。仔豚たちが元気に成長していく様子は、毎日見ていても元気をもらいます。

仔豚は次回は肥育舎を紹介します。

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP