株式会社菅与
本社 TEL 0182-24-3298
食品リサイクル工場 TEL 0182-35-5858

すがよ便り 2013.4.30


先日、第1回横手市特産品推奨コンクールの出展商品ガイド(パンフレット)が出来上がっていたので、頂いてきました。

ご覧の通り、前に行われた「横手市特産品推奨コンクール」で入賞した商品が表紙に使われており、その中には、出展された数々の特産品がズラリと並んでいる、食欲をそそるパンフレットです。

一つ一つ読んでいくと、横手に住んでいるのに、こんなに素晴らしい商品がある事に気づかないものだなぁと実感してしまいました。

なかなかスーパーさんではお見かけしない品もたくさんあり、横手の食の魅力を知るには、とても良いパンフレットだと思います!

食が豊かな横手市ですが、いざ何が美味しい?何がオススメ?ユニークな特産品は何?と聞かれると思いだせないもの…。そんな時に凄く役に立つ一枚だと思います!そして、横手市の特産品をぜひ皆さんにも味わって頂ければとおもいます。何から食べるか迷うのも、また楽しみの一つですね♪本当にどれも美味しそうです!

このパンフレットは平鹿地域振興局から頂いてきましたが、下記店舗でも配布・設置しているそうです。
ぜひ皆さんも手にとってご覧ください。

【横手市特産品コンクール出展商品ガイド 設置店】
横手イオンスーパーセンターあんしん畑内、湯沢イオンスーパーセンター虹こまち会内、秋田ふるさと村、ラッキーファーマーズマーケット内、道の駅十文字「まめでらが~」、アックス横手店、平鹿総合病院内ローソン

すがよ便り 2013.4.26


先日の22、23日、 東京の豊洲の ㈱サカガミ豊洲店さんで、「秋田県横手市 こだわりの味覚祭り」に出展して参りました。

弊社では、今回横手市からの補助を受けながら開発した、笑子豚の角煮、短角牛シリーズのシチュウ、もつ煮、キーマカレーの全4種類を持っていきました!

東京は暖かいかなと思ったのですが・・・ビル風がものすごくて、秋田とは違った意味で寒かったです。持ちこんだもの全てを着こんで販売しました。

販売前に広告を出して頂いてたようで、大賑わい。秋田出身の方もたくさんお見えになり、商品を見ては、「懐かし~」と言ってくださる方々もたくさんおられました。

売れ行きも反応も予想以上! 私たちのほかにも、先日横手市特産品コンクールに入賞された各社様が参加され、横手のうまいもん集合状態で、明るく楽しいブースとなりました!

菅与のレトロなパッケージ写真にもかなり反応してくださいましてとっても嬉しかったです!
また機会があれば遠出したいと思っています♪

すがよ便り 2013.4.22


今回は、御中元に向けた新商品開発についてお伝えします。

今年は御中元に、新商品として「燻製シリーズ」が仲間入りする予定です!
もちろん、商品は「エコの森 笑子豚の燻製(仮名)」と、「幻の和牛 短角牛の燻製(仮名)」です。

燻製の詰め合せギフトにする予定なのですが、普段から欲張りな私には、2種類の味の詰め合せでは物足りず、味のバリエーションを豊富にした、欲張りなギフトにしたい!と必死でございます。

例えば、プレーンの他に、ハーブやガーリック、カレーなどが楽しめたら最高ですよね。それに、今回はヘルシーで女性に嬉しい、短角牛のレバーの燻製も詰め合せに入れてみたいと思っています!

燻製ですので、何の木で燻すかも悩みの種。「これもいいな♪、あれもいいな♪悩む~!!」と一人でぶつぶつ言っています。

もし燻製に詳しい方いらっしゃいましたら、「こんな燻製もあるよ!」ですとか、「こんな燻製にしたらおいしいよ」というアイデアをいただけたら嬉しいです!どうぞお気軽に食品リサイクル工場 菅原(0182-35-5858)までお電話ください♪

すがよ便り 2013.4.16

今回は、今年度の新しい取組み「SUGAYO’S Kitchen garden事業」についてお伝えします。

菅与ではこれまで、資源循環型農業の一環として自社堆肥を使った農産物の栽培を行ってまいりましたが、今年度からは、横手養護学校の生徒の皆様と一緒に、里芋やポップコーンの栽培をおこなう、SUGAYO’S Kitchen garden事業を始める事となりました。

毎週木曜日に、作業学習の一環として、主に土づくりや水やり、草むしり等の畑の管理をご一緒させていただくような形となっております。

収穫したポップコーンは近隣の保育園や養護学校へ。そして里芋は、収穫祭を開いて、食育の一環としてバーベキューをしながら、いものこ汁などを作ったりして楽しめたらと思っています。

その他、秋田県には「秋田県特別栽培農産物認証制度」というものがあります。高い目標ではありますが、SUGAYO’S  Kitchen gardenでも進んで申請していきたいと思います!

すがよ便り 2013.4.4


本日、4月4日は菅与の誕生日、設立記念日です。
平成元年に会社を立ち上げて、25年の月日が経ちました。

会社のアルバムから、私がまだ小さな頃の写真を見つけました。私にとって、菅与の25年の思い出は、家族の思い出でもありました。そして、その思い出が、一気に心の中を駆け回ったのです。

小さな頃の思い出。父は私をトラックに乗せて、毎日秋田市の食肉公社まで豚の出荷しに走らせていました。そして帰りは、父と一緒にラーメンを食べて帰ってくる、そんな毎日でした。

時には、公社に向かう途中、トラックから豚が飛び降りて山へ逃走し、父がコンパネを持ってその豚を追いかけるというシーンもありました。そんな働く父の姿ばかりを見て育ったのが、長女の私です。

しかし、私にも思春期がくると、父が嫌いになってしまいました。
憎めないのがわかっていても、何かとやかましくて大嫌いでした。そして私は、家を飛び出してハワイで過ごしました。

ハワイ暮らしをして間もなく、私は家族のありがたみを心から感じ、結局家が恋しくなって秋田に戻りました。そんな無鉄砲な私を、父は会社に受け入れて、働かせてくれました。

大嫌いだった父…、でもその時私がみた父の背中は、大好きだったあの頃に見た父の背中でした。
「父のように数字に強く大胆な発想の仕事をし、母のように強く可憐な女性になりたい」それが今の私の目標です。

小さな頃から「有希ちゃんは父さんそっくりだね!」と言われ続けて、あの頃は嫌で仕方ありませんでしたが、今では仕事ぶりまで似てきたようで、「そこがお父さんそっくりだな」と言われると、何だかうれしくなります。

父のと思い出話になってしまいましたが、私たち菅与は色々な人に支えられ、人に恵まれ、愛し愛され25周年を迎える事ができました。これからも変わらずのご愛顧を賜りますように、皆で努力して行きたいと思います。

そんな社長ですので、カッとなって怒っても、お酒の席で叩いたりしても、許してね(笑) 菅原 有希

すがよ便り 2013.4.3


今回は、前回に引き続き、当社レトルト商品の販売についておつたえします。

おかげ様で、地元のスーパー様に広く扱っていただく事になりました菅与のレトルト商品ですが、各売り場担当者様の販売促進に対する意欲も目を見張るものがあります。

お客様の目を少しでもひくために、「何か、インパクトが大きいものを持って来て下さい!」とお願いされたので・・・そう言われると、あれしかない、と思い「これでどうでしょうかと」お渡ししたのがこのポスター。担当者様からは、「おおおおおおおおお」と言われまして、どんな反応をしたら良いのか困ってしまいましたが、めでたく(?)こんなに目立つ売り場にして頂きました。

案の定「おっ、菅与の社長だ(笑)」ですとか、「お~~、しげちゃんだ!(常務)」という反応をしているお客様がいらっしゃるようです。

これからもいっそう地元の皆さまに愛して頂けるよう、頑張りますので、この強烈なポスターを見かけましたら、ぜひ商品も見てあげてくださいませ♪


PAGE TOP