株式会社菅与
本社 TEL 0182-24-3298
食品リサイクル工場 TEL 0182-35-5858

すがよ便り 2012.6.25


数年前、「ど根性大根」とか「ど根性野菜」というのが話題になった事がありましたね。今回は菅与に生息する「ど根性ヒマワリ」についてお伝えします。

昨年当社の食品リサイクル工場の敷地にはヒマワリを植えていました。その種がどうやらとんでもないところに落ちていたらしく、今年になって、身に覚えもないアスファルトの隙間からヒマワリがニョキと生えてきました…!

従業員が見守る中、ヒマワリはなりふり構わずニョキニョキと育ち続けました。ところが数日前、カラスの仕業でしょうか、茎がポッキリと折られてしまいました(泣)。カラスは結構お花たちに悪戯をするので困っていましたが、このヒマワリまで無残に荒らされてしまい、とても残念でした・・・。

しかし、昨日、ヒマワリがまだ枯れていない事に気付き、そぉーっと覗き込むと・・・?なんと!折れた茎の横から新しい芽が出ているではありませんか!これには皆もびっくり!仕事の手を休めて皆で「ど根性ヒマワリ」のど根性ぶりを喜びました。

これからも、ど根性ヒマワリをあたたかく見守っていきたいと思います。ど根性ひまわりを見て元気が欲しい!という方は、食品リサイクル工場までいらしてください。

自然界に咲く花の生命力って、本当に凄いですね。

すがよ便り 2012.6.20



先日、湯沢西小学校の皆さん(合計約100名様)が、遠足で五林坂牧場の牧場見学にいらっしゃいました。
湯沢西小学校さんは、昨年当社が牧場見学を始めるとお知らせしたところ、主旨にご賛同いただいて早速お申込みいただきました。そして、2年目の今年も元気な子どもたちを連れて、牧場見学に来てくださいました。

バスを降りたと同時に、鼻血を出しちゃったりする子もいたりして内心不安なスタートとなりましたが、それでも元気いっぱいの皆さんに元気づけられました。
牛舎に入ると、皆さんの第一声は、やはり「くさ~い(笑)」です。日常では嗅ぐ事のない、家畜や牧場のにおいに対しするみなさんの率直なご感想です。毎回恒例ですが、このにおいも人体に害のあるものでもないため、徐々に慣れて感じなくなります。

お楽しみの「給餌タイム」の頃には、皆さん大はしゃぎ!元気に日程を終える事ができました。

皆さんの質問タイムでは、「一回にどのくらいの牛乳が絞れますか?」、や「一回にどれくらいごはんを食べますか?」、「牛たちはどうやって寝るんですか?」さすが小学生といった質問が飛び交いました。興味を持って頂けて嬉しい限りです!
でも、説明するこちら側がうまく説明できない(分かりやすく伝えるのが難しい)質問もあり、来年からは絵的に分かりやすくご説明できるパネルなども作ろうと思いました。

最後は、広大な牧場をバックに記念撮影。写真ではちょっと分かりにくいですが、皆さん元気にお気に入りのポーズを決めてくださいました。ぜひまた来年もご利用下さいね♪

すがよ便り 2012.6.18


6月14日、横手市の秋田ふるさと村ドーム劇場で、安全運転管理者の講習会が行われました。
安全運転管理者とは、道路交通法に基いて、一定以上の台数の自家用自動車を保有する事業所において、運行計画や運転日誌の作成、安全運転の指導を行う管理者のことを指します。管理者は年1回の講習を受ける事になっています(参照

車両の台数も増えたため、今年から当社は2名での参加となりました。朝から夕方までびっちりと講習を受けます。もちろん、無事に終了証を頂いてきました。

昨今、ニュースにもあったとおり、車での悲しい事件・事故が多いです。事故は「一瞬の気の緩み」からと言われます。しかしいったん事故をおこしてしまってからでは、たとえ「一瞬」の気の緩みであっても、許してくれる人などいないのです。
その事を踏まえ、従業員の事故防止のため、安全運転、安全確認の再認識や、日頃の確認の大切さについて、意識の共有をはかりました。

お酒は好きでも、翌日に残さない程度にすること。小学生の通学路の再確認。配達中の危険個所のピックアップと安全確認方法。などなど具体的に確認を行いました。

慣れや自信過剰は、自分では気が付かない事が多いんです。事故防止のために、安全運転・安全点検を日々怠らないことが「プロ」として大切な事ですね。

皆さんも油断せずに、もう一度ご自身の運転を見直してみましょう!

すがよ便り 2012.6.4



先日、五林坂牧場に十文字保育園の皆さんが遠足兼ねて牧場見学にいらっしゃいました。

昨年、大盛況だった園児の牧場見学。今年も続々とご予約が入っております。弊社スタッフも2年目という事もあり、なかなか慣れてきました。

五林坂牧場のスタッフは、若い方が多く実は子どもと接する機会があまりなかった方たちばかりだったので、昨年は戸惑いを隠せないところもありました。
元気でかわいい子どもたちに、どのように説明したらお話を聞いてもらえるか、どのように接したら怖がられないか(笑)もちゃんと学んだようです。手を差し伸べるなどして安心して中に入ってもらいます。

「くさ~い!」の第一声はやはり毎回の定番!牧場の本当のにおいを体で感じるのも大事です。はじめは鼻を手で覆っていますが、エサやりの時間になると、楽しさにはかないません。
両手いっぱいに乾燥飼料を抱えて、「牛さんに食べさせる!」と夢中になります。今回も、見慣れない牧場の車たちや草原をバックに記念撮影をしてお開きとなりました。

十文字保育園の皆様は、昨年も牧場見学をご利用いただき、好評だったとの事で、今年も早くからご予約をいただきました。
牧場見学はまだまだこれから!今年もたくさんの元気な笑顔に会えそうで楽しみです。


PAGE TOP