株式会社菅与
本社 TEL 0182-24-3298
食品リサイクル工場 TEL 0182-35-5858

すがよ便り 2010.9.3

今回ご紹介するのは、リサイクル工場でがんばって下さっている齊藤清己さんです。
忙しくどんなに辛くても、いつも笑顔を振りまいて頑張っている齊藤さんですが、実は彼は言語障害を抱えながら生きています。
40代で入社した齊藤さんは入社当時、自ら周りと交わる事を拒み、黙々と作業をこなす日々を望んでいました。
何を話しかけても無口で無表情、笑顔もない斎藤さんにたまりかねて、私たちは無理にでも笑わせようと毎日話しかけました。齊藤さんには笑顔で仕事をして欲しい・・・。でも齊藤さんは私たちの気持ちに応えてくれませんでした。

そんなある日、齊藤さんは重い口を開きました。「自分は言語障害があるから話せばどうせ人に笑われる。だから話さないほうがいいんだ…」
齊藤さんは人から笑われる事に傷つきおびえながら40数年の月日を重ねてきたのでしょう・・・私たちは言いました。
「齊藤さん!あなたの目には私たちがそんな風に見えるっていうの!?この会社に斎藤さんをバカにして笑うような人がどこにいるって言うの?みんな助け合って生きてるんだよ!」
その言葉のあと、無言でうつむく齊藤さんの目からはポロポロと涙がこぼれました。

今では齊藤さんはよく笑い(時々笑いすぎる)、よく話し、お酒のお誘いも喜んで参加し、カラオケまで歌います(笑)。
「みんなに出会えて本当に良かった。生きてて良かった。ありがとう!」こういうことを普通に言えるところが齊藤さんのステキなところです。「仕事が楽しい」という齊藤さん。辛いとき、あなたを見ていると私たちも元気になります。これからも一緒にがんばりましょう!


すがよ便り 2010.9.1

菅与は、農場への飼料の運搬も自社で行いますが、農場の改修・補修などの大工仕事も自社で行っています。
今回ご紹介するのは、菅与で大工仕事をしている吉水親子です。吉水喜廣さん、正樹さん親子は、菅与の中では「吉水大工さん」とよばれており、菅与の全農場の大工仕事を一手に引き受けてくださっています。
今日は山形、明日は岩手と毎日色々な農場を転々とし、様々な大工仕事をこなしています。例えば、台風で屋根が壊れたとか、豚舎に雨漏りがあるといった修繕から、もっと養豚環境を良くするためにこうしよう!といった改修工事まで、幅広くやっていただいております。
写真は岩手県金ヶ崎のサンライズ農場の豚舎にカーテンを取り付け中にお邪魔して撮影したものです。この日も相当暑かったのですが、気持ちよい笑顔でカメラに応えてくれました。息子さんの正樹さんも、父に習い大工仕事専門で親子共々がんばり屋さんです。
「お願い!ちょっと来て!」というHELPを発すれば(いつもそんなのばかりですが…)、すぐに飛んで行って手当てをしてくれる心強いお二人です。
熱中症と怪我にはくれぐれも気をつけて、これからもよろしくおねがいします。


PAGE TOP